ADLについて / シニアスタッフ紹介 / 春田仁

Hitoshi Haruta / 春田 仁

春田 
Hitoshi Haruta
シニアアドバイザー

担当領域
10 年以上に渡り、製造業のサプライチェーン戦略、生産戦略から物流オペレーション改革、 IT 導入まで幅広いプロジェクトに活躍。また物流企業の新規ソリューション開発、社内改革、営業戦略まで支援。

経歴
キヤノン株式会社調達部門、事業企画部門を経て、 ADL に参画。

横浜国立大学国際経済学科卒

 日本の製造業、物流業の数多くのプロジェクトに参画し、荷主が求めるもの、物流会社が提供すべき(で きる)現実的なソリューションを蓄積する事ができました。今の日本企業は国内に留まらず、中国をはじめ 諸外国でグローバルサプライチェーンを展開してきており、リソースの最適配分はもとより、自社のサプラ イチェーンの効率化が必須となってきております。しかしながら同時に、異文化でのオペレーションは大変 な苦労が伴い、特に物流といった人的資源に依存する部分においては、その異文化を十分に理解したマ ネジメントが必要となっております。これらのチャレンジを乗り越えられれば、日系物流企業は世界で日系 の荷主に対して活躍できるポテンシャルを十分に保有しているものと確信しています。

 しかしながら、ここ近年の物流企業も物流テクノロジーの進化、高度化により、サービスの差別化が必要 となっており、単一機能でのサービスから Door To Door のサービスは勿論の事、商流・金流・情報流ま でトータルなサービスが求められており、それらを実現するために、これまでの概念とは異なった考え方、 ビジネスモデルの開発が必要となってきております。

 これらを実現するためには、荷主・物流企業伴に、これまでの縦割りの組織体制、オペレーション体制で は困難であり、今まさに日系物流企業では企業間の合従連衡も盛んに行われ、顧客に対して柔軟な体 制で最適なサービスを展開する必要が出てきており、企業を越えたコラボレーションやトータルソリュー ションの提供が必須です。

  そのような背景の中で、 Side-by-Side でクライアントと一緒になり、実行可能な改革案の策定・実行をお手伝い致します。また、物流企業へは荷主の視点を十分加味し、荷主企業には物流企業に求めるものを明 確にし、より最適なサービスを享受できるような視点でコンサルティングを行っていきたいと考えております。