ADLについて / シニアスタッフ紹介 / 三ツ谷翔太

三ツ谷 翔太
Shota Mitsuya
プリンシパル

担当領域
製製造業全般に対する新規事業戦略・研究開発戦略・知財戦略立案、ならびに、経済産業省などの官公庁に対する政策立案支援。特にエレクトロニクスや環境・エネルギー、次世代社会インフラに関するプロジェクトを多数経験。

近年は日本の社会・産業構造の変化と技術イノベーション等を踏まえた、新たな産業や社会システムの創出に向けて、幅広い産業界や政府系機関における下記のような経営・政策課題に関するコンサルティングに従事している。

・社会課題解決と国際展開を見据えた次世代の都市・社会システムの構想
 -国内の社会構造変化を踏まえた新たなエネルギーや地域モビリティ、都市システムのあり方
 -グローバルの地域特性を踏まえたインフラ輸出の加速

・第4次産業革命時代におけるビジネスモデル・イノベーションの構想
 -オペレータにとっての事業の再定義(新たなエコシステムとビジネスオペレーションの設計)
 -製造業企業にとっての新たなビジネスモデルの設計

・国際競争力強化に向けたイノベーション・エコシステムの構想
 -民間企業における新たなオープンイノベーションの導入
 -日本としてのイノベーションエコシステムや国家プロジェクトスキームの設計

経歴
京都大学工学部物理工学科卒業
京都大学大学院工学研究科材料工学専攻修士課程修了