採用情報 / 新卒採用 / スタッフ紹介 / 髙津 啓彰

髙津 啓彰
Hiroaki Takatsu
ビジネスアナリスト

担当領域
電子部品、輸送機器、産業機械等の製造業企業における新規事業領域探索・技術戦略立案 等

経歴
大阪大学工学部電気電子情報工学科卒業
同大学院工学研究科電気電子情報工学専攻修士課程修了

 なぜADL・コンサルティングを選んだのか 「日本の技術力を支える”人の努力”を、世の中に繋げる一助に

 大学院まで理系のキャリアを歩んできた私は、日夜新しい技術を世に出そうと邁進しておられる方々に囲まれて過ごしていました。そんな方々の努力の結晶が順当に認められる社会をつくりたいというのが、私がADLを選んだ理由です。

 既に使い古された言い回しではありますが、日本の製造業は「技術大国日本」とかつて呼ばれたほどの元気がなくなっていると言われています。しかしながら私は、短いながらも研究の道で寝食も忘れて昼夜研究に没頭する技術者の方々に触れ、その熱量はとても「元気がない」と言われるようなものではないと感じていました。そのような中で、世の中の評価と、現場の努力のギャップを埋めるため、技術を活かしそれを事業に繋げるための経営面での支援がしたいと考えるようになり、技術×経営に関わるコンサルティングで長年の実績があるADLという会社を選択しました。

ADLの魅力 「考える姿勢、風土

 コンサルティングという仕事の特性上、クライアントが長年考えてきた世界に対して新しい見方・考え方を提示することが求められます。特にADLでは、技術に深く入り込んだテーマを取り扱うことも多いため、社員も長く、深く、広く、早く考える、考えられる人ばかりです。その中で、少数チームで議論し練り上げていく成果物は、ADLだからこそできる仕事であり、その中で自分の占める責任も大きい、本当の意味で裁量のある仕事であると感じられるものです。
 若手の内からチャレンジングな場を与えてくれる姿勢・風土もあり、裁量が
大きいが故の健全なプレッシャーを感じながら日々働けることが、ADLの魅力の一つだと思います。

ADLへの応募をお考えの皆さんへ

 私も学生時代に感じたところですが、コンサルティング、ADLの魅力の一つである「人」という側面は、対面で初めて感じる部分も大きいです。是非門戸を叩いて頂き、直接お会いし、健全な議論が出来る日を楽しみにしています。