採用情報 / 新卒採用 / スタッフ紹介 / 三ツ谷 翔太

三ツ谷 翔太   
Shota Mitsuya
プリンシパル

担当領域
製造業全般に対する新規事業戦略・研究開発戦略・知財戦略立案、ならびに、経済産業省などの官公庁に対する政策立案支援。特にエレクトロニクスや環境・エネルギー、次世代社会インフラに関するプロジェクトを担当。

経歴
京都大学工学部物理工学科卒業
京都大学大学院工学研究科材料工学専攻修士課程修了

 なぜADL・コンサルティングを選んだのか 「社会/産業の革新に寄与できる存在だから」

 昔から新しいものをつくることに興味があり、大学では材料科学について研究していました。一方で、「目の前の研究が世の中にとっての新しいことにどのようにつながっていくのか」「研究の延長に本当に新たな社会的価値があるのか」ということに対して、漠然とした不足感も抱えていました。

 そこで自分なりに調べて腑に落ちたのは、インターネット産業の創出を裏で支えた米国のとあるベンチャーキャピタリストの逸話でした。新産業の創出のためには、単に技術を目利きして投資・育成するのではなく、新たな産業の大局的な世界観を持った上で、そこに必要な様々な技術/企業に投資・助言することで、全体として新たな産業を構築していく、という話でした。新たな産業(=社会的価値)を作り出すには、個々の研究者や事業家だけではなく、俯瞰的立場からそれを支援できる存在が不可欠だという点は、当時何となく研究者の道を考えていた私にとって大きな転機となりました。

 日本でそのようなことに携わっていける存在はないか、そこで出会ったのが、「技術と経営の融合」「イノベーションの追求」を掲げていたADLです。実際に入社してからも、様々な産業分野の企業や官公庁に対して、新たな社会価値や事業価値の創出に向けた最先端の課題/テーマを支援しています。また、素材~デバイス~システムなどの日本の産業構造の全体に対するコンサルティング経験や知見を梃子にして、異なる業界間をつなぐ/再定義するようなイノベーションも支援しています。

 ADLは大局的視点を持ちながら、クライアントとともに次なるイノベーションを仕掛けていける存在であり、我々の提言は新しい社会/産業構造につながっていく提言であると感じています。

ADLの魅力 「ADLの活動はイノベーション創出活動そのもの

 ADLにはどことなく”研究室”的雰囲気もあるようにも感じています。特にイノベーティブな案件を支援することが多いADLでは、世の中がまだ解を見い出していないことについて提言することが求められ、そのために個々人での徹底的な考察とチームでの徹底的な議論が求められます。また、さらにクライアントとも議論を尽くし、(お仕着せでも言いなりでもない)クライアントが実行できる提言へと昇華した結果として、その成果を世に問うことへとつながっていきます。

 ADLにおけるコンサルティングの成果、それはクライアントの想いと自分の想いも溶け込んだ協創成果としてのイノベーションです。このように様々な業界のクライアントと一緒にイノベーションに取り組めることが、私にとってのADLの最大の魅力です。

ADLへの応募をお考えの皆さんへ

 ADLでの仕事は非常にワクワクできる一方で、常に新しいチャレンジが求められます。そして、そのためには「自律と協調」「具象と抽象」「論理と感性」など、相反しがちな要素を各個人として高次に両立することが求められます。

 大きな責任が求められるタフな仕事ですが、興味を持った方は是非ADLのドアを叩いていただければ幸いです。熱意ある皆様とともに、日本としてのイノベーションに向けて取り組める日を楽しみにしています。