採用情報 / 新卒採用 / スタッフ紹介 / 堀 卓也

堀 卓也   
Takuya Hori
マネジャー

担当領域
自動車、エレクトロニクス、半導体、化成品、住宅、食品製造業企業における全社戦略、事業戦略、R&D戦略策定、ビジネスデューデリジェンスなどを担当。

経歴
京都大学工学部情報学科卒業
同大学院情報学研究科複雑系科学専攻修士課程修了

経営戦略コンサルティングの魅力 「『人・モノ・技術・ノウハウ』の価値を最大化し、日本の産業の強化に貢献できる」

学生時代は漠然とした経営への関心からコンサルティングファームへの就職を志望しましたが、ADLに入社し、数年たった今でも毎日新たなチャレンジがあり、この仕事の面白さを日々実感しています。中でも大きなやりがいを感じるのが、自分の仕事が日本企業および日本産業全体を強くすることに貢献できる点です。

ご存知の通り、日本企業の多くはグローバルの競争環境において苦戦を強いられる場面が増えてきています。もちろん、個々に素晴らしい製品・サービスを生み出しており、各企業に所属する方々も大変優秀な方ばかりですが、それでも事業体全体としてグローバルの土俵の中で後塵を拝する場面が多くあります。「人・モノ・技術・ノウハウは素晴らしいのになぜか勝てない」、この状況を生み出すボトルネックとなっているのがまさにマネジメントであり、我々コンサルタントは外部からそのあるべき姿を提示し、クライアントの事業基盤が最大限に活かされるようなお手伝いをさせていただいております。

自分の提案をきっかけにクライアントの事業が正しい方向に動き出し、日本企業の「人・モノ・技術・ノウハウ」の価値が最大化され、それが日本産業自体の強化につながる。外部の立場とはいえ、このような大きな規模での社会貢献を実現できるのがこの仕事の醍醐味だと思います。

ADLの魅力「知的好奇心を価値に昇華できる場」

ADLのコンサルタントの特徴として私が強く感じるのは、個々のスタッフの好奇心の強さです。

入社間もないアナリストでも「なんでそんなマニアックなことまで知っているんですか?」とお客様に驚かれるぐらいに、深い知見を有しています。

浅いレベルの答えで安易に終わらせずに、粘り強く思考し続けることを我々は"のこぎり型の思考"と呼んでいますが、ADLスタッフはまさにその通りの志向性を持った集団だと思います。

そして、我々の提言を受け、日々共に議論させていただいているクライアントの皆様も、同様に知的好奇心が強い方々ばかりです。

クライアントとコンサルタントが互いの知的好奇心をぶつけ合い、経営の正しい意思決定につながる"価値"に昇華できる場。ADLの仕事やその魅力を一言で表すとそのようになるでしょうか。

ADLへの応募をお考えの皆さんへ

クライアントの重要な意思決定を支える仕事ですので、当然プレッシャーも大きく、日々の業務も一筋縄ではいかないものばかりです。それにも関わらず、上で書いたような仕事の魅力を個々に感じているからか、ADLのスタッフは楽しそうに働く人が非常に多いと思います。実際にスタッフとお会いいただけるとそれは実感いただけると思いますので、毎年開催しているインターンシップにも是非ご応募いただき、ADLの魅力をあなた自身でも感じ取ってみてください。